若さを取り戻すならメガリスが現実的

責任の重い立場に立たされる年代になれば、精力が減退してしまう事があります。
しかしパートナーから夜の誘いがある場合は、応えるのが男性の役割であると考え、頑張ってみてもペニスが勃起してくれないので性交渉自体が成立しません。
稀になんとか勃起したペニスを挿入しても、途端に中折れしてしまい、パートナーも当人も快感等感じる事無くバツが悪いだけという事態にもなってしまいます。
その様な日々が数カ月も続いたら、勃起不全症を疑う事です。
勃起不全症で悩んでいる人は日本だけで1000万人を超えると言われていますから、特別な病気ではありません。
何らかの病を患えば専門のクリニックや病院を尋ねると思います。
しかし事が事だけに誰にも相談出来ないという人はいます。

 

 

専門のクリニックがあるのは知ってはいたとしても、万が一近所の人や会社の同僚等に出入りする所を見られたりしたら恥ずかしい思いをしてしまいます。
このような人の為に、誰にも知られずに治療する方法があります。
海外では一般的な医薬品でどこでも処方されているのですが、日本では厚生労働省の認可基準が厳しく許可されていません。
そこで、違法ではなく合法に手に入れる方法があります。
医薬品の個人輸入代行業者である、輸入代行業者に依頼する事です。

 

輸入代行業者のWEBサイトに行き、欲しい医薬品をカートに入れて、クレジットカードで購入すれば良いだけです。

 

そうすると、代行業者が関税や商品の仕入れを変わりに行ってくれます。
バイアグラは性行為の時間を考慮して薬を飲むタイミングを計る必要がありましたが、メガリスの場合はその様な薬に対する心配が一切ないのがメリットです。
またメガリスの場合は錠剤が小型になっているので、錠剤を飲むのが苦手という人にも配慮がなされています。
日本には厚生労働省の認可が下りた勃起不全治療薬として知られるシアリスという薬があり、その効果も実証されています。
これを購入するという手段もありますが、高価なので継続して使用するのが難しい場合があります。
そこで、シアリスのジェネリック版である、成分もほとんど変わらないメガリスを利用するのが賢い選択と言えるでしょう。

 

それではシアリスとどのくらいの価格差があるのかを、輸入代行業者で調べてみました。
20mgで1箱4錠のタイプで比較すると、シアリスは8800円であるのに対して、メガリスは3780円なので5020円と、5000円以上の差があるのです。
更に5箱セットで比較するとシアリスは32880円であるのに対して、メガリスは8580円ですから、24300円と2万円以上の差というのは様々な物が値上がりしている現在の家計には、大変大きな意味があると言えます。
最後にこの薬の副作用は、他の勃起不全治療薬と比較すれば少ない部類に入りますが、頭痛・筋肉痛・鼻詰まり等の副作用が出る場合があります。
また、疲労が溜まっている等の体調が優れない時は避けた方が無難です。
注意点としては、心臓病の持病がある人は禁忌とされていますので、使用は避けましょう。
また高血圧あるいは、低血圧で治療を受けている場合は、医師の指示を仰ぐ必要があります。